浮気において、気がつくきっかけとなりやすいのが、関係の変化です。
浮気というのは社会的に悪いことであると認められているものであり、そのため浮気をする人間は男女可関係なく浮気をしているという事実を隠そうとするものです。
しかしながら、隠し事というのは隠し通すのが難しいものであり、それは浮気においても同様です。
特に、交際期間や結婚生活などにより付き合いが長い関係を持つ相手であるほど、隠し事を隠し通すのは難しくなります。
実際、付き合いが長い人は、それだけ相手との関係性がしっかり構築されているため、隠し事をされると、何となくわかってしまうものなのです。
何となく、恋人やパートナーの態度がよそよそしくなったり、いつもと比べてやけに優しい感じがするというように、ちゃんとした関係性を持っている人ほど、関係の変化には敏感になるものなのであり、意外と簡単にわかってしまうものなのです。
それに、付き合いが長くなればなるほど浮気に気がつくチャンスが多くなるということでもあります。
もちろん、演技力が高い人や、用意周到に裏工作をしているような人の場合、何年どころか何十年も隠し通すことができる場合もありますが、それでもいつかは隙ができるものなのです。
そのため、関係の変化というのは非常に気が付きやすい浮気のサインといっても過言ではなく、もしも恋人やパートナーとの関係に変化を感じたのであれば、警戒するべきであると言えます。
もちろん、浮気ではなく、サプライズプレゼントのような嬉しい隠し事である場合もあるため、関係に変化があったから浮気と断定するのはいけないことですが、一応思考のすみに置いておくと良いでしょう。